GTBCメンバーのロードバイク紹介 第3回

MERIDA  SCULTURA 4000  2017

第3回目は、GTBCのメリダ四兄弟の末っ子コモのロードバイク紹介です。

第1回、2回と続いた代表の高級ロードバイクに圧倒されつつも初心者なりに紹介させていただきます。(間違ってること言ってたらごめんなさい…)

このロードバイクは、初めて購入したロードバイクです。完成車で購入した後、一部パーツを交換してあります。ほとんどのパーツはそのままなので下記のサイトを見ていただければ分かるかと思います。   

http://www.merida.jp/archive/merida_2017/lineup/road_bike/scultura_4000.htm

このロードバイクを選んだ理由は、予算20万円以内でコンポーネントが105、フレーム材質がカーボンという条件に当てはまったからです。

この条件を設定する時に自分がロードバイクで何をしたいのか分からないなりに考えてみました。

まず、初めてのロードバイクで自分がどのような乗り方をするのかまだ分からない状態である(ポタリングやサイクリング中心か、はたまたレースやトレーニングそれともロングライドか…)。過去に筋トレなどトレーニングにハマっていた時期がありロードバイクでトレーニングを始める可能性が高い。性格上、こだわりが強いのでいずれグレードの高い物が欲しくなる。

そんな訳で欲しいロードバイクは平坦も登りもロングもある程度こなせるオールラウンドモデル、コンポーネントはいずれ上位グレードにも交換できる105、フレーム材質はカーボン、予算は20万円で決定しました。

ここまで決まればあとは見た目が好きなものを選ぶだけ…、なんですがこんな条件に当てはまるのはコスパ最強で有名なGIANTを中心とした台湾メーカーぐらいのもの、台湾メーカーのラインナップを一通りみて自分の好きな色、デザインを探しました(この時、GUSTOの存在を知りませんでした)。自分の好みは緑色で、あまりハデではないデザインという事でMERIDA  SCULTURA 4000の2017年モデルに決定しました。ロードバイクやパーツやアクセサリーを買うときは見た目が一番大事だと思ってます。

次は変更したパーツの紹介をしていきます。主に変更したパーツはホイール、ブレーキ、サドルの3つです。

ホイールは完成車についていたものからMAVICのKSYRIUM(キシリウム)PRO USTモデル(ペア重量1410g)に交換しました。タイヤはMAVIC YKSION (イクシオン)PRO UST 25C (重量260g)のチューブレスレディタイヤを使用しています。この交換で正確な重量は分かりませんが500g前後は軽くなったかと思います。

交換してみて感じたのは軽い、乗り心地がいいでした。

加速するのが明らかに楽になり、平均速度が僅かながら(2km/h 程)上がりました。つい楽しくなって無意味な加減速を繰り返し、これが機材ドーピングというものか…とちょっと驚いた記憶があります。

乗り心地の良さについてはチューブレスタイヤの低い空気圧のおかげかと思います。クリンチャータイヤで空気圧7BARで乗っていたときには気にも留めていなかった路面からの振動がかなり少なくなりました。手の疲労が軽減され、乗っているときのストレスもあまり感じなくなりました。むしろクリンチャーのときにストレスになっていた事をチューブレスにして初めて自覚しました。今では多少路面が荒れていても気にせず突っ込んでいきます。MAVIC公式アプリで最適空気圧は5.7BARと言われましたが、現在空気圧は6BARにしています。

あとは剛性が高いおかげかダウンヒルのコーナリングが安定しているような…気のせいなような…。

ブレーキは Shimano R561 からShimano ULTEGRA R8000 へ交換しました。

交換前は力一杯ブレーキングしても思うように減速できない時があり、特に長い下りで握力を使いきることがあり、少し不安を感じていました。それを解消したくて交換しました。

交換後はブラケットを握った状態から少ない力で十分な制動力が得られ、長い下りでも握力を使いきることなく安心できるようになりました。下りもちょっぴり楽しくなってロードバイクの楽しみが増えました(登りは苦手です)。あとアルテグラ R8000 のブレーキはゴツい見た目がかっこいいです。

ホイールに続き、ブレーキも交換して良かったパーツです。

サドルは MERIDA Sport からPrologo(プロロゴ) Dimension(ディメンション) Tirox (重量179g)へ交換しました。ショートノーズのサドルで前乗りに適しているモデルですが、自分が前乗りしているという訳ではありません。これに関しては完全に見た目と勢いで衝動的に交換しました。かっこよかったので…(重要)。

MERIDA Sport と比較して少し固く、替えた直後は座骨周辺に少し痛みが出ました。替えてから合計400km程走ったころ慣れとポジションが定まって痛みはなくなりました。

ショートノーズである必要があるのか疑問は残りますが満足しています。かっこいいので…(やっぱり重要)。MERIDA Sport も全く不満なく使えていいサドルだと思います。少し重いですが…。

バーテープはMERIDAのツートーンバーテープblack/green からPROLOGO(プロロゴ) ワンタッチ バーテープ (ブラックグリーン)に交換しています。握った感触はほとんど変わらないです。

ボトルケージはENVE(エンヴィ)を使用。

携帯ポンプは軽さよりも機能性で選んだBRIDGESTONE(ブリヂストン) フレームポンプ ゲージ付 です。少し大きいですが普段のフロアポンプに近い感覚で使え、空気が入れやすくゲージ付きで高圧まで入れられるので、これを使っています。

全体として

他のロードバイクに乗ったことがほとんどないので比較は出来ませんが、乗り心地のいいロードバイクだと思っています。

クラブライドでメンバーが集まったとき、まれにプチ試乗会が開かれますがその際の評価は結構高いです。

パーツ交換はホイール、ブレーキで一段落していると感じていますので、あとは自分のアップグレードのためにトレーニングします。(ローラーが欲しい)。

場合によってはクランクセットを交換するかも…(物欲は尽きないです…)。

11月 28, 2018

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です