BB(ボトムブラケット)を交換。ついでにクランク取付

輪道数寄者(リンドウスキシャ)※造語です。輪道=自転車道、数寄者とは、茶道では茶道具などの収集家を指します。      パーツ・ウエアなどを好き勝手に紹介するページです。

 第3回目は、「初めて自分でロードバイクを組んでみたいパート2」です。

 以前、ショップのメカニックの方にこのBBそろそろ寿命ですよと言われたことを思い出して、BBを新しくすることにしました。

ただ、初めてロードバイクを組むのにいきなりBBを交換するのはハードルが高すぎるので、ショップの方に教わることにしました。

向かった先はKAMIHAGIさん。

BBの種類はBBLight。サーベロはこのタイプのBBばかりだそうです。

専用工具で古いBBを外します。まずは、右側から回して外します。

次に左側を外していきます。

左側も回して外すのかと思ったら、注入されているので押し出すとのこと。右側から金属の棒でBBのふちを叩いて押し出します。

外れました。

汚れを取り除いてきれいになりました。

使用するBBはROTORのセラミックBBです。交換前のものと同じものにしました。

左側のBBにLOCTITE648という固定する接着剤みたいなものを塗ります。

手の指で均等に伸ばしていきます。

⑤左側から取り付けます。

圧入します。

器具を使って少しずつ入れていきます。

ピタッと隙間なく着いたら左側は完了です。

右側を取り付けます。

BBにグリスを付けます。左は接着剤で右側はグリスです。

トルクレンチを使って締めていきます。指定されたトルクは40N-m

25N-mから30、35、36、38、と徐々に締め付けを強くしていきます。

カーボンフレームの場合いきなり規定のトルクで締めるとカーボンが割れることがあるそうで徐々様子を見ながら締めるそうです。

BB取り付け完了です。

次はクランクを取り付けます。

BBに入口にグリスを塗ります。

スペーサーとシールドを付けます。クランクにもグリスは塗ってあります。

BBにクランクを取り付けます。

左側を取り付けます。グリスを塗ります。

蓋のようなパーツを取り付けます。

締め付けます。

最後はトルクレンチで締めます。

完成です。

親切に教えていただきました。

教えていただくというかやってもらちゃいました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です