俺、沖縄ででーじえらい目にあったさ~ その⑤

金曜の昼過ぎの便で沖縄入りしたマイマイ。
飛行機の出発時間が遅れたせいで名護のホテルについたのは21時頃でした。
その日のうちに自転車を組み立てて飛行機輸送のダメージチェック。電動化したコンポも問題ありませんでした。
電動はまだ自分で調整できないため、トラブルになったらメカニックサービスに駆け込む以外方法はありませんから…(/_;)

土曜日はレースが行われる10時過ぎを狙って試走です。
一番確認をしたいのはフンガワダム。
国頭の運動公園までトランポしてスタートです。

それにしても、やんばるの走りやすさは半端じゃないです!
どこまでもつづくオーシャンブルーは思わず見とれる美しさ…
明日が運命のレース本番であることを忘れてしまいそうです(^^)

なんだかサイクリング日記みたいになってきたので、本題に戻りましょうか(苦笑)
ツールド沖縄参戦日記らしく、フンガワダムのレポートです。

フンガワダムは、勾配がきつい区間と緩い区間が交互に現るイメージです。
そのため、試走のサイクリングペースとレースペースでは似て非なる坂になります。
でも、レース中に、景色で残り距離を把握できるのは精神衛生的に良いので、試走します。
本当は、坂でペースを作れるだけの実力があればいいんですが…

徐々に高度を上げていきますが、この坂ってこんなに長かったっけ?って思うほど頂上が見えてきません。
やっと山岳賞ポイントまできて一安心。
当日は、100kmクラスは山岳賞はないのが残念(安心)

ここから下ってしまうと、国頭の道の駅まで戻れなくなってしまうのでここで引き返します。
本当は、この先の学校坂まで行けるといいんですがね~(‘ω’)

試走が終わると、前日受付を済ませるために名護の大会本部に行きます。

受付を済ませると、食事券を利用して遅めの昼食。
前日は脂質を気にせず明日のエネルギーを補給です!
あぐー豚のどんぶりですが、甘めのたれが食欲をそそりました(^▽^)

ブリッツェンとか、

地方の自治体ブースなんかもありました。
他にも物販ブースやらいろいろあって、販促グッズだけでウハウハでした(`・ω・´)b

さぁあとは、ホテルに帰ってすね毛を剃って寝るだけです。
いざ本番!

…続く

12月 20, 2018

タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です