GTBCメンバーのロードバイク紹介 第4回

Cervelo S5 2016

第4回目も、私GTBC代表Cosseyのロードバイクです。

このS5はF10に乗るまでメインバイクとして使っていたものです。一番長く乗り表彰台にあがることができた思い入れのあるロードバイクです。

新たにコンポをDURA-ACE Di2からSRAM Red eTapに換装してまた乗ることにしました。


Cervelo S5 2016

フレームCervelo S5 2016 48
ハンドルZipp SL‐70 Aero 400㎜
ステムZipp SL SPRINT 90㎜
サドルSelle san marco Mantra FX WIDE
コンポSRAM Red eTap Wi-FLi
クランクROTOR 2INPOWER 170㎜ 
パワーメーター内蔵
チェーンリングROTOR no-Q 52-36
BBROTOR 4630 BBright Ceramic Bearing
スプロケットShimano  DURA‐ACE CS-R9100 11-30
ブレーキShimano  DURA‐ACE  BR-9100   
ホイールCampagnolo BORA ULTRA 50 2018 AC3 
クリンチャー
タイヤContinental  GRANDPRIX 4000 S II
ペダルTIME XPRO10
バーテープSUPACAZ SINGLE COLOR 
サイコンGARMIN 820J
その他クイックリリース DT SWISS RWS
REC-MOUNTS Garminマウント Zipp SL SPRINTステム用
ボトルゲージ SUPACAZ FLY GAGE ANO 

楕円のQ-ringを使用していましたが、調整が難しいので、チェーンリングを真円のnoQに変えました。

このZippのエアロハンドル握りやすくてGOODです。剛性が高くてスプリントでもがいてもよじれることがないです。

SRAM Red eTapのシフトは、慣れるとシマノのDi2より感覚的に扱いやすいです。

S5の特徴的な肉厚なBB周り

重量 7.3kg(ペダル、サイコン含む)

インプレッション

フレーム について

このフレームは固くて乗り始めた頃は身体が悲鳴を上げるほど身体への負担がありました。3か月くらい乗り込んで身体が慣れてきてからは思い通りに乗りこなすことが出来ました。ただし、疲労しやすいので長距離には不向きなフレームです。

SRAM Red eTap について

シフトの右でアップ左でダウン、スプロケットの形のイメージなので初めてでも変速ミスがありませんでした。左右同時でフロントディレイラーがアウターとインナーの切り替えです。変速性能はDURA ACE Di2と比較すると劣る気はしますが気になる程ではないです。Di2はクイックなカチカチとういう感じ、eTapはニュルニュルと滑らかに変速します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です